We Love Celine Dion > Discography > Celine Dion
bar_bl

Discography-Celine Dion

シングルに関しては公平さを期すため極力3つ星はあげないように気をつけています(1枚のアルバムに2,3曲が目安)。

なお、私のコメントに対するご批判等は誤字・脱字以外は一切お受けいたしかねますのでご諒解下さい。その代わり異論・反論のある方のためにページ中にコメント入力欄を用意しております。もちろん単に「大好き!」というだけのコメントも大歓迎ですよ。

※コメント欄の星の数の意味…★★★:大好き ★★:好き ★:まあまあ 星なし:評価外

Introduction       1:14  
Produced and Arranged by Walter Afanasieff
Spoken Words(French) Celine Dion
Keyboards,Synclavier,Acoustic Guitar Walter Afanasieff
Flugelhorn Solo Fred Berry
School Yard Children Ren Klyce
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
これもコメントしちゃいます(笑)。何やらフランス語でゴニョゴニョ言ってますが、残念ながら理解出来ません・・・。でもなんか、アルバム全体の雰囲気を何気に表している、そんな曲(?)だと思います。遠くで微かに聞こえる子供達の楽しそうな声もいい感じです。70/100点
インストゥルメンタルなので歌詞はありません


If Love Can Move Mountains       4:53 US peak No.36
Produced by Ric Wake
Arranged by Ric Wake
Track and Mix Engineer Bob Cadway
2nd Engineers Rick Bieder,Dan Hetzel,Tom Yezzi
Tracked and Mixed at Cove City Sound Studios,Long island,NY
Production Coordinators David Barratt,Greg Bannan
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
セリーヌにしては(当時)めずらしい曲調で、ダンサブルなこの曲は『Celine Dion』の中ではインパクトがありました。ゴスペル・コーラスもセリーヌの力強い歌声と相俟って、独特の雰囲気を醸し出してると思います。僕は『Blue Eyed Soul』というコンピレーション・アルバムに入っているバージョンが好きです。80/100点
歌詞を見る


Show Some Emotion       4:29  
Produced and Arranged by Walter Afanasieff
Lead and Background Vocals Celine Dion
Keyboards,Synth. Bass,Hammond B-3 Organ,Rhythm Programming Walter Afanasieff
Guitars Michael Landau
Akai and Synclavier Programming Ren Klyce
Macintosh and Synclavier Programming Gary Cirimelli
Additional Keyboards and Macintosh Programming Dan Shea
Background Vocals Claytoven Richardson,Gary Cirimelli,Melisa Kary,Vicki Randle,Sandy Griffith,Jeanie Tracy
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
2nd Engineers Neill King,Simon Pressey,Mark Hensley,Brian Pollack
Recorded at The Plant Recording StudiosSausalito,CA
Additional Recording at Studio Morin Heights,Morin Heights,Quebec,Canada
Mixed at Right Track Recording Studios,New York
Production Coordinators Barbara Stout
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
ウォルター・アファナシエフらしいというか、アダルトチックなサウンドはお見事です。アルバム全体通してこの音に近い感じに統一されているので、アルバムとして非常に聴きやすいですね。で、個人的にこの曲はマライアの「And You Don't Remember」に似ているなと思っておりましたが、プロデューサーが同じウォルターなら納得ですな。とても心地の良い音で、セリーヌの声にピッタリという感じであります。こういうバラードが大好きなので、僕は気に入っております。85/100点
歌詞を見る


If You Asked Me To       3:54 US peak No.4
Produced and Arranged by Guy Roche
Mixed by Brian Malouf
Mixes Recorded by Patrick MacDougall
Drums by John Robinson
Guitar by Michael Thompson
Synths by Guy Roche
Background Vocals Jean McClain,Terry Wood,Larry Jacobs
Production Coordinator Ken Phillips
Engineered Guy Roche,Frank Wolf,Mario Luccy
Assistant Engineers Casey McMackin,Van Coppack,Noel Hazen,Chris Fogel
Recorded at Criterion Studios,Village Recorders,Music Grinder,Oceanway Studios
Mixed at Can Am Studios
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
セリーヌをちゃんと知ったのが映画「美女と野獣」のテーマ曲で、この曲が入っている『Celine Dion』が初めて買ったセリーヌのCDでした。そこからの1stシングルとしてこの曲がHITしてた頃によく聴いていたので、『Celine Dion』=この曲という印象です。キャッチーなメロディーとサウンドで、歌詞もすごく好きです。この曲の頃からビルボードに興味を持ち始め、この曲が4位なった時はすごく嬉しかったです。こうゆうミドル・テンポの軽快な曲も後のセリーヌの定番になってますよね。90/100点
歌詞を見る


If You Could See Me Now       5:07  
Produced and Arranged by Walter Afanasieff
Lead Vocals Celine Dion
Keyboards,Synth. Bass,Synclavier Acoustic Guitar,Rhythm Programming Walter Afanasieff
Guitars Michael Landau
Akai and Synclavier Programming Ren Klyce
Macintosh and Synclavier Programming Gary Cirimelli
Additional Keyboards and Macintosh Programming Dan Shea
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
2nd Engineers Neill King,Simon Pressey,Mark Hensley,Brian Pollack
Recorded at The Plant Recording StudiosSausalito,CA
Additional Recording at Studio Morin Heights,Morin Heights,Quebec,Canada
Mixed at Right Track Recording Studios,New York
Production Coordinators Barbara Stout
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
これもウォルターらしい澄んだサウンドに美しいメロディーで、心地良いバラードに仕上がってますね。導入部分では囁くような感じで歌い、ブリッジから後半にかけては力強く歌うという、セリーヌお得意のバラード唱法が見事です。ホルンのような音を使っているのも、曲の世界に広がりを持たせていて、壮大な感じがして好きです。75/100点
歌詞を見る


Halfway To Heaven       5:04  
Produced and Arranged by Walter Afanasieff
Lead and Background Vocals Celine Dion
Keyboards,Synth. Bass,Rhythm Programming Walter Afanasieff
Guitars Michael Landau
Soprano Saxophone Kenny G
Akai and Synclavier Programming Ren Klyce
Macintosh and Synclavier Programming Gary Cirimelli
Background Vocals Claytoven Richardson,Gary,Cirimelli,Melisa Kary,Jeanie Tracy,Sandy Griffith
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
2nd Engineers Neill King,Simon Pressey,Mark Hensley,Brian Pollack
Recorded at The Plant Recording StudiosSausalito,CA
Additional Recording at Studio Morin Heights,Morin Heights,Quebec,Canada
Mixed at Right Track Recording Studios,New York
Production Coordinators Barbara Stout
 
(あんぴんの評価:★★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★)
ケニー・Gがサックスで参加してますが、それによってよりアダルトで落ち着いた感じの曲になってます。ただ、僕には大人しすぎる気がします。最初、「天国まで半分ってことは・・・死にかけっ!?」などと思ってましたが、よく歌詞を読むと違いました(当たり前)。でも、" Halfway To Heaven , Let's Go All The Way "という部分は「Go Go Heaven」に似た危険な想像を抱かせます(笑)。50/100点
歌詞を見る


Did You Give Enough Love       4:21  
Produced by Ric Wake
Arranged by Ric Wake and Rich Tancredi
Track and Mix Engineer Bob Cadway
2nd Engineers Rick Bieder,Dan Hetzel,Tom Yezzi
Tracked and Mixed at Cove City Sound Studios,Long island,NY
Production Coordinators David Barratt,Greg Bannan
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★)
アップテンポの曲調にセリーヌの抑え気味の囁くような歌声は新鮮です。ただ曲自体のインパクトが薄いような気がするので、あまり耳に残らないというか、馬耳東風みたいな・・・。『Celine Dion』の中では異色の作品かと思われます。60/100点
歌詞を見る


If I Were You       5:07  
Produced by Ric Wake
Arranged by Ric Wake and Rich Tancredi
Track and Mix Engineer Bob Cadway
2nd Engineers Rick Bieder,Dan Hetzel,Tom Yezzi
Tracked and Mixed at Cove City Sound Studios,Long island,NY
Production Coordinators David Barratt,Greg Bannan
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
『Celine Dion』の中でも好きな曲です。
終始囁くようなセリーヌの歌声は、なんだか揺らめいていてすごく不思議な感じがします。
幾重にも重なり合った声が、さらに渦をつくっているような、そんな感じさえします。
なんだか物悲しいメロディーが心に染み入ります。歌詞もなんだか片想いっぽい感じのテーマで
ちょっと何かを考えさせてくれるように思います。90/100点
歌詞を見る


Beauty And The Beast       4:03 US peak No.9
Produced by Walter Afanasieff
Arranged by Walter Afanasieff and Robbie Buchanan
Lead Vocals Celine Dion and Peabo Bryson
Keyboards,Synth. Bass,Orchestral Arrangement,Synclavier Acoustic Guitar,Rhythm Programming Walter Afanasieff
Electronic Oboe Solo Joel Peskins
Akai and Synclavier Programming Ren Klyce
Macintosh Programming Dan Shea
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
2nd Engineers Manny LaCarrubba,Matthew "boomer" LaMonica,Kyle Bess
Recorded at The Plant Recording Studios,Sausalito,CA
Vocals Recorded at The Power Station,New York
Mixed at The Record Plant,Los Angeles
Production Coordinators Barbara Stout
 
(あんぴんの評価:★★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
この曲でセリーヌを知りました。だから運命的な意味合いを持つ曲なのです。
遅かれ早かれセリーヌには出会ってただろうけど、92年という早い時期にセリーヌを知れたのはラッキーだったと思います。ディズニー好きが功を奏したってかんじですかね。で、曲はアラン・メンケンとハワード・アシュマンの黄金コンビが綴った極上のバラード。ウォルターのプロデュースも見事です。もちろんピーボ・ブライソンも。セリーヌの魅力いっぱいの素敵な曲だと思います。95/100点
(hiroyukiさんの評価:★★★)
セリーヌ・ディオンのが唄う曲はこれしか知らないですが、ディズニーソングの中でも好きな曲です。曲の雰囲気が綺麗な感じがします。洋楽はあまり聴かないですがディズニーは聴きやすいと思うんです。将来の彼女とデュエットできたら最高だと思ってます。(これでも歌手志望です)
歌詞を見る


I Love You, Goodbye            3:33  
Produced by Guy Roche
Mixed by Brian Malouf
Mixes Recorded by Patrick MacDougall
Arranged by Robbie Buchanan and Guy Roche
Guitars by Michael Thompson
Keyboards by Robbie Buchanan
Copyist Orion Crawford
Engineered Guy Roche,Frank Wolf,Mario Luccy
Assistant Engineers Van Coppock,Neill King
Production Coordinator Ken Phillips
Recorded at Village Recorders,Criterion Studios,Bunny Hop Studios
Mixed at Secret Sound,South Pacific
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
歌詞を見る


Little Bit Of Love            4:27  
Produced and Arranged by Humberto Gatica
Engineered by Humberto Gatica and Alejandro Rodriguez
Recorded at Lighthouse Recorders,N.Hollywood,CA;Red Zone Studios,Burbank,CA;Encore Studios,Burbank,CA
2nd Engineers Felipe Elgueta,David Betancourt
Arrangements,Keyboards and Programming by Claude Gaudette
Guitars Michael Thompson
Percussion Rafael Padilla
Sax Solo David Koz
Background Vocals Celine Dion
Additional Background Vocalls by Joely Fisher,Liz Constantine,Joe Diggs
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
この曲だけではないのですが、なんかこのアルバムのダンスチューンどれもが、あまりパッとしないような。アルバム全体のアダルトな雰囲気がそう思わせるのでしょうか? 強いて言えば「Love Can Move Mountains」くらいかな。そういえばこの1曲だけ、知らないプロデューサーがプロデュースしてるんですよね。それ以後、セリーヌとの付き合いもないみたいだし・・・。65/100点
歌詞を見る


Water From The Moon            4:39  
Produced and Arranged by Guy Roche
Additional Vocal Arrangement and Production by Walter Afanasieff
Mixed by Dana Jon Chappelle
Guitars by Bruce Gaitch
Keyboards by Jeffrey C.J.Vanston and Guy Roche
Piano by Robbie Buchanan
Bass by Jimmy Johnson
Background Vocals by Diane Warren
Engineered by Guy Roche,Ken Allardyce,Paul Erickson,Dana Jon Chappelle
Mix Engineered by Dana Jon Chappelle
Assistant Engineers Mario Luccy,Neill King,Brian Pollack
Production Coordinator Ken Phillips
Recorded at The Plant Recording Studios,Sausalito,CA;Criterion Studios,Hollywood,CA;Bunny Hop Studio,Sherman Oaks,CA;Oceanway Recording Studio,Hollywood,CA
Mixed at Right Track Recording Studios,New York
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
ガイ&ダイアンのコンビの美しいバラードですが、何よりもセリーヌの歌声が素晴らしいと思います。特に後半のシャウトはゾクゾクします(笑)。タイトルもシャレてていいですね。80/100点
歌詞を見る


With This Tear            4:12  
Produced and Arranged by Walter Afanasieff
Lead Vocals Celine Dion
Keyboards,Synth. Bass,Synclavier Acoustic Guitar,Rhythm Programming Walter Afanasieff
Akai and Synclavier Programming Ren Klyce
Macintosh and Synclavier Programming Gary Cirimelli
Additional Keyboards and Macintosh Programming Dan Shea
String Arranger and Counbductor Clare Fischer
Violins Israel Baker,Russ Cantor,Ron Clark,Edward Green III,Harry Scorzo,Francine Walsh,Pamela Gates,Bruce Dukov,Norma Leonard,Teruko Brooks,Paul Shure,Pamela Thompkins,Gary Gertzweig,Davida Johnson,Ralph Morrison,Betty Moor
Violas alan de Veritch,Jorge Moraga,Michael Nowak,David Stenske,Margot MacLaine,Marilyn Baker
Celli Frederick Seykora,Earl Madison,Nils Oliver,Judith Johnson
Contrabass James Hughart,Robert Stone
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
Additional Engineering(Strings) Arne Frager
2nd Engineers Neill King,Simon Pressey,Mark Hensley,Brian Pollack,Larry Mah,Mick Stern
Recorded at The Plant Recording StudiosSausalito,CA
Additional Recording at Studio Morin Heights,Morin Heights,Quebec,Canada and Mod Hatter Studios,Los Angeles
Mixed at Right Track Recording Studios,New York
Production Coordinators Barbara Stout
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
プリンスの作品ということで、セリーヌ本人は感激したらしいですが、個人的には普通です。メロディーがあまり好きではないんですよね・・・。サウンドは『Celine Dion』通じての音なので可も不可もなくといった感じでしょうか? 魅力はセリーヌの歌声だけですかね。65/100点
歌詞を見る


Nothing Broken But My Heart            5:55 US peak No.29
Produced and Arranged by Walter Afanasieff
Lead and Background Vocals Celine Dion
Keyboards,Synth. Bass,Rhythm Programming Walter Afanasieff
Guitars Michael Landau
Akai and Synclavier Programming Ren Klyce
Macintosh and Synclavier Programming Gary Cirimelli
Additional Keyboards and Macintosh Programming Dan Shea
Background Vocals Claytoven Richardson,Gary,Cirimelli,Melisa Kary,Jeanie Tracy,Vicki Randle,Kitty Beethoven,Sandy Griffith
Engineered and Mixed by Dana Jon Chappelle
2nd Engineers Neill King,Mark Hensley,Bruce Colder,Michael Gilbert
Recorded at The Plant Recording StudiosSausalito,CA
Vocals Recorded at Right Track Recording Studios,New York
Mixed at Hit Factory,New York
Production Coordinators Barbara Stout
 
(あんぴんの評価:★★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)」
まさにアルバムのラストを飾るのに相応しい、素敵な曲です。ちょっと強がった感じの「あなたと別れても私は大丈夫」みたいな歌詞が僕は大好きで(笑)、この曲もお気に入りの1曲です。あとサウンドも爽やかで、セリーヌの少ししつこい歌声(それでもこの曲では爽やかな方ですよね?)を効果的に和らげていると思います。特に終盤の方は眠りの世界にいざなうのに最適(笑)。90/100点
(クレアトールさんの評価:★★★)」
個人的にMY HEART〜やTO LOVE〜あたりの有名な曲にはあまり惹かれないほうなので(唯一の例外はBEAUTY〜だけかな)、やはり僕にとってセリーヌのNo.1ソングはやはりこれ。柔らかなキーボードの音色で始まるイントロからして心安らぎます。更にセリーヌのまろやかな歌唱が独特の抱擁感を生む、正に極上のバラードです。あえてマイナス点を挙げるとすればアウトロ(6分近く引っ張るのはちょっとしつこい)ですが、それ以上に思い入れがあるので星3つです。セピアで撮られたミュージカル風のPVも良い感じにスタンダード感が出ていて◎。
歌詞を見る

home
<Home>

   
Copyright(C) 1999 by あんぴん. All Rights Reserved