We Love Celine Dion > Discography > The Colour Of My Love
bar_bl

Discography-The Colour Of My Love

シングルに関しては公平さを期すため極力3つ星はあげないように気をつけています(1枚のアルバムに2,3曲が目安)。

なお、私のコメントに対するご批判等は誤字・脱字以外は一切お受けいたしかねますのでご諒解下さい。その代わり異論・反論のある方のためにページ中にコメント入力欄を用意しております。もちろん単に「大好き!」というだけのコメントも大歓迎ですよ。

※コメント欄の星の数の意味…★★★:大好き ★★:好き ★:まあまあ 星なし:評価外
※'To Love You More'の感想は"Falling Into You"のページで入力できます。

The Power Of Love       5:43 US peak No.1
Written by: Gunther Mende, Candy DeRouge, Jennifer Rush, and Mary Susan Applegate
Produced by: David Foster for Chartmaker Inc.
Arranged by: David Foster
Engineered: Humberto Gatica,David Reitzas
Assistant Engineers: Fred Kelly,Bill Leonard,Erich Baron
Recorded at: The Enterprise,Ground Control,Record Plant
Mixed by: Humberto Gatica for Hum Inc.Productions
Mixed at:Record Plant
Synclavier programmed by: Simond Franglen
Keyboards: David Foster
Additional keyboards programmed by: Claude Gaudette
Guitars: Michel Thompson
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
最初に聴いた時、少なからずショックを受けました。それまでのセリーヌの音楽とは少し雰囲気が違っていたので違和感を覚えましたが、すぐに大好きになりました。バラードなのにリズムを前面に押し出しているサウンドには新鮮ささえ感じました。なによりセリーヌの歌声が見事すぎます。「The Sign」を押しのけて全米No.1になった時は、すごく嬉しかったです。セリーヌにとって初の全米No.1だったしね。PVのセクシー衣装も良かったし(笑)。95/100点
(ニックさんの評価:★★★)
はっきり言って感動しました。なんとなく歌声がきれいな人だな、って思って聞いただけだったのに、ベスト版の1曲目なんですよ、何度もリピートして聞きました。高音の張りのある声、イヤフォンの音量を目一杯に上げ何度も堪能しました。それ以来セリーヌを聞くようになりました。やっぱ、おすすめの曲ですね。
歌詞を見る


Misled       3:31 US peak No.23
Written by: Peter Zizzo and Jimmy Bralower
Produced by: Ric Wake for Wake Productions
Arranged by: Ric Wake,Rich Tancredi
Recorded and Mixed at: Cove City Sound Studios,Long Island,N.Y.
Track Engineer: Bob Cadway
Mix Engineer: Rick Kerr
Additional Engineer: Tom Yazzi,Dan HetZel
Assistant Engineer: David Scheuer
Production Coordinator: David Barratt
Keyboards: Rich Tancredi
Drums: Jimmy Greco
Guitar: Peter Zizzo
Background Vocals: Maria Christensen,Terry Taylor,Peter Zizzo
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
それまでのセリーヌのイメージを一新させるような、いきなりのR&Bナンバーでビックリ。戸惑いつつも聴いていくうちにセリーヌの新しい魅力として認識。でも、やっぱりセリーヌにはこの手の曲は似合わないような気がします。PVも驚きでしたね(笑)。70/100点
歌詞を見る


Think Twice       4:48 US peak No.95
Written by: Andy Hill and Pete Sinfield
Produced by: Christopher Neil and Aldo Nova
Engineer: Simon Hurell
Mix: K.C.Cohen
Studio: Morin Heights,Montreal,Canada
Assistant: Sion Pressey
Studios: Larrabee Sound Studios,L.A.,USA;Hit Factory,N.Y.,USA
Drums,Bass & Keyboard Programming: Steve Piggot
Solo Guitar: Aldo Nova
Guitars: Tim Renwick,Aldo Nova
Backing Vocals: Jackie Rowe,Pam Sayne
 
(あんぴんの評価:★☆)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
一時期、凄いハマった曲ですが今はそれなりです。アメリカでは鳴かず飛ばずだったみたいですが、イギリスで1位になったんですよね。この曲がきっかけでアルバム『The Colour Of My Love』も確か全英No.1になったんですよね。この曲のサウンドはなんとなく落ち着いていて、すごくシンプルでなぜか闇をイメージしてしまいます。白黒って感じもします。歌詞が好きだったな。75/100点
歌詞を見る


Only One Road       4:49 US peak No.93
Written by: Peter Zizzo
Produced by: Ric Wake
Arranged by: Ric Wake,Rich Tancredi
String Arrangements: L.Leon Pendarvis
Recorded and Mixed at: Cove City Sound Studios,Long Island,N.Y.
Track Engineer: Bob Cadway
Mix Engineer: Steve Peck
Additional Engineer: Tom Yazzi,Dan HetZel
Assistant Engineer: David Scheuer
Production Coordinator: David Barratt
Keyboards: Rich Tancredi
Drums: Jimmy Bralower
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
メロディーや歌詞など曲自体はいいと思うんですけど、なんか面白味がないというか、出来が普通すぎてつまらない曲になっていると思います。もう少しサウンドが凝っていれば、もっと好きになれたかも知れない曲です。70/100点
歌詞を見る


Everybody's Talkin' My Baby Down       4:02  
Written by: Arnie Roman and Russ Desalvo
Produced by: Ric Wake
Arranged by: Ric Wake,Rich Tancredi
Recorded and Mixed at: Cove City Sound Studios,Long Island,N.Y.
Track Engineer: Bob Cadway
Mix Engineer: Rick Kerr
Additional Engineer: Tom Yazzi,Dan HetZel
Assistant Engineer: David Scheuer,David Shackney
Production Coordinator: David Barratt
Keyboards: Rich Tancredi
Additional Keyboards: Russ Desalvo
Drums: Jimmy Bralower
Background Vocals: Lajuan Carter,Eddie Stockney,Kenny Bobien,Earl Robinson
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
この曲も最初聴いた時、「Misled」と同じく違和感を憶えました。なんかファンキーというか、ハジケてますよね。ただ、メロディーがキャッチーなので耳に残りやすく、ついつい口ずさんでいる、そんな感じの曲です。70/100点
歌詞を見る


Next Plane Out       4:59  
Written by: Diane Warren
Produced & Arranged by: Guy Roche
Mixed by: Brian Malouf
Engineers: Guy Roche,Frank Wolf,Ken Allardyce,Erik Zobler,Mario Luccy
Assistant Engineers: Mario Luccy,David Eike,Mornie Riley
Recorded at: The Banana Boat Studios,Burbank,CA;Canway Studios,L.A.;Capital Studios,Hollywood;The Record Plant,L.A.;Ocean Way Studios,L.A.
Mixed at: The Enterprise
Strings arranged & conducted by: Scott Harper
Bass: John Pierce
Drums: Guy Roche
Guitars: Michael Thompson,Bob Mann
Synths: Guy Roche
Percussion: Lenny Castro
Backgrounds: Jean McClain,Pauline Wilson,Larry Jacobs
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
「If You Asked Me To」をヒットさせたコンビの作品ということで、発売前から一番期待していた曲がコレでした。出来は期待を裏切らない素晴らしいバラードで、キャッチーなメロディーの虜に。『The Colour Of My Love』の中では前作の雰囲気を踏襲した数少ない曲のひとつだと思うのですが、他が他だけに一番際立っていた曲かも知れません。85/100点
歌詞を見る


Real Emotion       4:26  
Written by: Diane Warren
Produced by: Ric Wake
Arranged by: Ric Wake,Rich Tancredi
Recorded and Mixed at: Cove City Sound Studios,Long Island,N.Y.
Track Engineer: Bob Cadway
Mix Engineer: Rick Kerr
Additional Engineer: Dan HetZel,Tom Yazzi
Assistant Engineer: David Scheuer
Production Coordinator: David Barratt
Keyboards: Rich Tancredi
Guitar: Bob Cadway
Drums: Jimmy Bralower
Background Vocals: Eddie Stockley,Kenny Bobien,Earl Robinson
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
なんとなく可愛らしい感じの曲ですが、アプローチとしてはマライアっぽいというか、もちろんそれまでのセリーヌとは一線を画した雰囲気の曲だと思います。ただこういった曲を歌うのにはセリーヌの声は立派すぎるのかな、と。もう少し軽い感じに仕上がれば、もっとよかったのではないかと思います。75/100点
歌詞を見る


When I Fall In Love       4:21 US peak No.23
Written by: Edward Heyman and Victor Young
Produced by: David Foster for Chartmaker Inc.
Mixed by: Humberto Gatica for Hum Inc. Productions
Arranged by: Jeremy Lubbock
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
最初、相手のクライヴ・グリフィスって誰?って感じだったんですけど、聴いてもやっぱりサッパリでした・・・。ていうか、声が嫌い。曲自体はメロディーも綺麗で、スタンダードな感じですが、セリーヌひとりかもう少しマシな相手だったら良かったのにな〜って感じです。サウンド的には少し平凡でまとまり過ぎだと思います。デヴィッドゆえに仕方のない事なのかな・・・。80/100点
歌詞を見る


Love Doesn't Ask Why       4:08  
Written by: Barry Mann, Cynthia Weil and Phil Galdston
Produced & Arranged by: Walter Afanasieff
Engineered & Mixed by:Dana Jan Chappelle
2nd Engineers: Craig Silver,Jen Mannar,Kent Matcke
Recorded at: The Plant Recording Studios,Sausalito,CA;Skywalker Sound,Marin Country,CA;Right Track Studio,N.Y.
Mixed at: Right Track Studios,N.Y.
Keyboards,Synthesizers,Synth Bass,Drum and Rhythm Programming,Synth Acoustic Guitars and Hammond B-3 Organ: Walter Afanasieff
Macintosh ,Digital and Synthesizer Programming: Gary Cirimelli
Digital Programming: Ren Klyce
Electric Guitars,Guitars Solo: Michael Thompson
Background Vocals: Claytoven Richardson, Skyler Jett,Gary Cirimelli,Kitty Beethovan,Jeanie Tracy,Sandy Griffin
 
(あんぴんの評価:★★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
このアルバム唯一のアファナシエフ・プロデュースの作品だったので、かなり期待していました。出来はもろマライアの影響受けまくり(ていうかアファナシエフが)だったので嬉しいやら悲しいやら。『Music Box』で開花したシンプルなアコースティックサウンドにゴスペル調のコーラス、「Anytime You Need A Friend」に雰囲気が似てなくもないかな・・・と。でも、セリーヌの歌はやはり一品で、聴く者を圧倒してしまうパワーがありますね。このアルバムの中では正統派の作品ですね。85/100点
歌詞を見る


Refuse To Dance            4:21  
Written by: Charlie Dore and Danny Schogger
Produced by: Christopher Neil
Engineer: Simon Hurell
Mix: K.C.Cohen
Studio: Westside Studios,London,U.K.
Assistant: Paul Martimer
Studio: Morin Heights.Montreal,Canada
Assistant: Simon Pressey
Studio: Hit Factory,N.Y.,USA
Drums,Bass & Keyboard Programming: Steve Piggot
Guitar: Tim Renwick
Backing Vocals: Celine Dion,Charlie Dore
Solo Violin: Andre Proulx
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★)
なんか曲調からして、あまり好きではない感じなのですが、こういう暗い雰囲気のダンス・ナンバーは苦手です。なんかイメージとしては「マリスミゼル」って感じです(わかるわけないと思いますけど・・・)。「The Colour Of My Love Live」の中のパフォーマンスで踊ってましたが、まさにあのイメージです。なんか受け付けない・・・。45/100点
歌詞を見る


I Remember L.A.            4:13  
Written By: Tony Colton and Richard Wold
Produced By: Christopher Neil
Engineer: Simon Hurell
Mix: K.C.Cohen
Studio: Westside Studios,London,U.K.
Assistant: Paul Martimer
Studios: Morin Heights.Montreal,Canada
Assistant: Simon Pressey
Studio: Hit Factory,N.Y.,USA
Drums,Bass & Keyboard Programming: Steve Piggot
Guitar: Aldo Nova
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
メロディーがとても美しくて、少し儚い感じの曲調がなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。音もすごくシンプルで、セリーヌの歌声を引きたてるような感じですね。難点は導入部分が聴き取りにくいことかな(笑)。80/100点
歌詞を見る


No Living Without Loving You            4:23  
Written by: Diane Warren
Produced by: Guy Roche
Mixed by: Ken Kessie
Engineers: Guy Roche,Frank Wolf,Ken Allardyce,Mario Luccy
Assistant Engineers: Mario Luccy,Mornie Riley,David Eike,Eric Flickinger
Recorded at: The Banana Boat Studios,Burbank,CA;Canway Studios,L.A.;The Record Plant,L.A.;Ocean Way Studios,L.A.
Mixed at: Skip Saylor Studios
Strings arranged & conducted by: Scott Harper
Drums: Guy Roche
Guitars: Michael Thompson,Bob Mann
Synths: Guy Roche,Randy Kerber
Percussion: Lenny Castro
Backgrounds: Jean McClain,Pauline Wilson,Larry Jacobs
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
最初は好んで聴いていたのですが、だんだん好きではなくなっていきました・・・。メロディーももたついた感じで何かパッとしないし、サウンドもいまいちインパクトに欠けるというか普通。スタッフはいいんだけどな〜。60/100点
歌詞を見る


Lovin' Proof            4:12  
Written By: Diane Warren
Produced By: Ric Wake for Wake Productions
Arranged by: Ric Wake,Rich Tancredi
Recorded and Mixed at: Cove City Sound Studios,Long Island,N.Y.
Track Engineer: Bob Cadway
Mix Engineer: Rick Kerr
Additional Engineer: Tom Yazzi,Dan HetZel
Assistant Engineer: David Scheuer
Production Coordinator: David Barratt
Keyboards: Rich Tancredi
Guitar: Bob Cadway
Background Vocals: Eddie Stockney,Kenny Bobien,Earl Robinson
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
当時、この曲は僕にとっては異色の作品でしかありませんでした。セリーヌのハジケっぷりにも驚きましたし、他の楽曲との毛色の違いにも違和感を覚えました。今でもあまり好きな曲とは言えませんが、昔よりは聴く気にはなったかな?60/100点
歌詞を見る


Just Walk Away            4:59  
Music by: Marti Sharron
Lyrics by: Albert Hammond
Produced by: Steve Lindsey
Additional Production and mix by :Humberto Gatica for Hum Inc. Productions
Recorded at: A & M Studios and Ocean Way Recording Studios
Mixed at: Record Plant
Assistant by: Randy Wine, Alex Reed, Jim Champagne, Mark Guilbeault
Production Coordinator: Julie Larson
Drums: John Robinson
Bass: Neil Stubenhaus
Keyboards: Claude Gaudette
DX-7 Electric Piano: Robbie Buchanan
Acoustic Guitar: Dean Parks
Electric Guitars: Tim Pierce, Michael Thompson
Percussion: Paulinho Da Costa
Keyboard Programming: Eric Persing
Rhythm Arrangement by: Steve Lindsey and David Campbell
Strings Arranged and Conducted by: David Campbell
 
(あんぴんの評価:★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★)
なんか演歌みたいな感じの雰囲気の曲ですが、メロディー自体は悪くはないと思います。最初聴いた時は、マライアの「I Don't Wanna Cry」に似てるなと思ったのですが、あの曲は好きですがこの曲はどうも・・・。別に日本盤のボーナス・トラックとして特別にレコーディングされたわけじゃないですよね? ・・・なくてもよかったかな?65/100点
(aiさんの評価:★★)
私はこの曲大好きだけどな。。
この曲がきっかけでアルバムを買いました。
歌詞を見る


The Colour Of My Love            3:26  
Written by: David Foster and Arthur Janov
Produced by: David Foster for Chartmaker Inc.
Arranged by: David Foster
Engineered: Humberto Gatica,Felipe Elgueta
Assistant Engineers: Mike Reiter,Brian Pollack,Craig Brock
Recorded at: Record Plant
Mixed by: Humberto Gatica for Hum Inc.Productions
Mixed at:Record Plant
Piano: David Foster
Synclavier programmed by: Simond Franglen
Percussion: Mike Fisher
Guitars: Dean Parks
 
(あんぴんの評価:★★)
ただいま執筆中...
(stuさんの評価:★★★)
まさにアルバムを締めくくるのに相応しい、しっとりとした素敵な曲です。この曲を聴くと、ちょうど今頃の冷たい空気の季節を彷彿とさせられます。メロディーはひたすら美しく、セリーヌの少し抑え気味の歌声もいいと思います。終盤のあたりはいつ聴いても、感動して涙が出そうになります(ちょっと大袈裟)。ぜひ次のCollector's Series Vol.2で収録して欲しいです。90/100点
歌詞を見る

home
<Home>

   
Copyright(C) 1999 by あんぴん. All Rights Reserved